スノーボード初心者が友達に教えてもらっても上達しない理由

スポンサーリンク

元スノーボードサークル代表のけいいち(@ishida_keiichi)です。

スノーボード初心者のあなたが友達に誘われた時に
「俺が教えてあげるから大丈夫だよ」
って言われませんでした?

それでもゲレンデに行ってみたら・・・。

リフトに乗せられ上まで連れていかれて
2~3回だけ滑り降り方を教えてもらったら
「滑ってくるから適当に練習しておいて!」
と放置されて終了。

結局、なんとか自力で上から降りてきたけど
面白くないからもう二度とスノボはしないと思った
初スノボの苦い思い出。

友達と行ったけど滑れるようになれなかった

私が代表を務めていたスノーボードサークルでは
初心者大歓迎!滑れなくてもちゃんと教えるよ!
をモットーに運営していました。

そんな中でメンバーの多くは

  • 友達が教えてくれるというから行ったけど滑れなかった。
  • 滑れるようにならなかったからもう二度と行きたくないと思った。
  • 一緒に行ってくれる友達がいないけどスノボーが滑れるようになりたい。

という不安を抱えて申し込んできていました。

私は初心者のメンバーが滑れるようになるのが嬉しかったので
メンバーと同じく自腹で車も出して参加していましたが
1日付きっきりで初心者メンバーをサポートしていました。

少人数で行くよりも大人数のほうが楽しい

あなたは頭数で呼ばれているだけの可能性が高いです。

2~3人で行くよりも大人数でスノボ行ったほうが絶対楽しいですよね。

交通費が安くなったり、宿代が安くなるので大人数でというのもあります。

教えてくれる友達も自腹で来てる

あなたに教えてくれると言っても、友達も自腹でスノボに来ているので
1日中付きっきりで教えてると自分の滑る時間がなくなってしまいます。

あなたが1本滑る間に滑りなれていれば2~3本ぐらい滑れるので
放置して滑りに行ってしまうのです。

スノボーを教えなれているとは限らない

インストラクターの資格を持っていない限りは教えるのが
スノボーを教えなれている人ってそんなにいないのが現実です。

自分も友達から教えてもらっているので、ほぼ自己流。

ちゃんと教えてもらっていないので教えられるわけないですがよね。

初心者はスクールに入るのがおすすめ!

いくら友達が教えてくれると言ってもスクールに入りましょう。

友達も自分が滑りたいので途中で放置される可能性が高いです。

最初からスクールに入ると基礎から教えてもらえるので、
その後の上達も早くなります。

スポンサーリンク