居酒屋でお客さんが喜ぶのは、自分がされてうれしいことをしたとき

スポンサーリンク

けいいち@なんちゃってLifeコーチです。

お客さんが喜ぶことをしろ!

って言われても・・・・。
何をしたらいいのかよくわからないですよね。

お客さんがされて喜ぶこととは?

お客さんがされて喜ぶことってなんでしょう。

自分が居酒屋にお客さんとして来店したときに
どんなお店だったらガッカリしますか?

店員の愛想が悪い?

料理がおいしくない?

客引きのせいでボッタくられた?

自分がされて嫌なことはやるな!

あなたが居酒屋に飲みに行って
店員の対応がどうだったら嫌ですか?

お店に入っても「いらっしゃいませ」と
言われないと気まずいですよね。

店員同士がおしゃべりしてたら呼びづらいですよね。

メニューの中からオススメを聞いても
「わかりません」と言われたら気まずいですよね。

店員とコミュニケーションを取りたいのに
不愛想だったら二度と来たくないと思いますよね。

自分がうれしい=人もうれしいと考える

来店したお客さんが喜ぶ接客とはなんでしょうか。

接客テクニックとか、言葉遣いとか・・・。
そんなに難しいことを考えなくてもOK!

「お客さんが喜ぶこと=自分がされて嬉しこと」

ちょっとしたことに気を使ってもらえるだけで
嬉しくないですか?

メニューを見てると店員を呼ばなくても
「なにかご注文されますか?」と聞いてくれる。

グラスが空いたら
「飲み物のおかわりはいかかですか?」
と聞いてくれる。

「飲み物はいいです」と言ったら
「お水かお茶をお持ちしましょうか?」
と聞いてくれる。

皿が空いたら下げてくれる。

こんな些細なことでも
自分がされたら嬉しくないですか?

スポンサーリンク