なんちゃってを肩書にするために必要な5つのスキルとは?

スポンサーリンク

なんちゃってSEのけいいち(@ishida_keiichi)です。

肩書を名乗るためには、社内外でもある程度の知名度が必要なわけで。
適度に仕事ができる風じゃないと、ただの使えないヤツになっちゃうので注意が必要。

そこで!
できるサラリーマン風に見せるために必要な5つのスキルを説明するよ。

プライドを捨てるスキル

まず、プライドを捨てなさい。

これ、服飾雑貨で営業になったときに言われた言葉。
知らないんだから知ったかぶりする必要はないと。

初めて聞きました。
知らないので教えてもらえませんか?

言われて悪い気分しないよね。
なんでも知ってて知識がある風を装うよりも、ちょっとバカっぽい感じのほうが、お客さんからはかわいがられるんです。

お客さま
しょうがないから教えてあげよう。

ハッタリをかますスキル

ハッタリ=知ったかぶり ではないので注意。

お客さんから突っ込まれると、言葉が詰まっちゃいますよね。

お客さま
うちの運用は、こうでこうでこうなんだけど?
それがトレンドでしょ?
御社は古いよね?

これよく言われるやつ。
ここで、「そうですよね~」と言ってしまったら負けですよ。

確かに!今までは、御社の運用がトレンドでした。これからは、弊社のご提案する運用がトレンドになっていきますよ~。
私が担当させて頂いている案件でも、御社のような運用だったのですが・・・・。
運用の変更を前向きにご検討いただいてます。

はい。ハッタリですw
最後の「運用の変更を前向きにご検討いただいます。」ぐらいは本当。

これを、挙動不審にならずにキッパリと言い切るんです。

あえて空気を読まないスキル

なんちゃってSEなので、お客さんとの打ち合わせには必ず営業が同席しています。
お客さん選任のSEも同席してたりするんです。

そんな中で、営業とSEに気を使って当たり障りのないことを言いたくなるのですが・・・。

そこはあえて空気を読まずに、

こんなこと言ったら、打ち合わせ終わったあとで、営業に怒られちゃいますけど~

なんてことを言いながら、営業が言って欲しくないことを言いまくります。

ここで、気を付けないといけないのが、適度に空気を読む必要もあるってこと。

僕がよくやるのは、自社製品を適度にディスって他社製品を誉めるんです。
お客さんは、自社製品のいいとこしか言わないヤツは、信用してくれません。

他社製品よりもこんだけ劣ってます。むしろ他社製品のほうがいいです。
でも、うちの製品にしてもらえたらこんないいことがあるんです。

どちらかというと営業テクですね。
これで、お客さんから「次もあいつを同席させろ」と言わせたら勝ちです。

チャラさを演出するスキル

仕事できるヤツって憧れますよね。

でも、仕事よりも女子と飲むほうが好き。
ぐらいのギャップが、周りからの信頼が厚かったりします。

ガチでチャラ男だと、後で悪いウワサが流れて仕事しづらくなっちゃうので、チャラい風を狙ってください。

仕事できないけど、チャラいじゃダメですよ。
仕事できる風。だけど、チャラいが理想。

ムッツリスケベな男子よりも、オープンエロのほうが女子受けはいいですよ。
でも、セクハラにならないように見極めは必要。

お気に入りの女の子とお近づきになるためによく利用されてますw

仕事してるように見せるスキル

チャラさを演出すると、よく言われるのが。

仕事してなさそう。んでもって仕事も適当そう。

そんなことを散々言われました。

同僚は、チャラいし適当だから仲良くなりたくないと考えていたそうです。
飲み会でカミングアウトされましたが、今は仲良しですよw

仕事しているように見せると言っても、常にPCに向かってるのとは違います。

適度に仕事するぐらいで十分。
10~15分ぐらいしか集中できないので、その間にできるだけ仕事するようにします。
後は遊んでるw

完成度が高くなくても、ある程度のモノを出せば、満足してくれるんです。

時間をかけて完璧なモノにするよりも、ツッコミどころがあるぐらいが丁度いい。
結局、依頼元の気が変わって修正する可能性のほうが高いんだし。
最後の最後で、完成度を高めたモノを出さないと何度も直すハメになる。

「なんちゃって」は、仕事に追い詰められないように、適度に仕事するって意味。
鬱になったり、カラダ壊しても会社は助けてくれない。

自分のことを守るためにも「なんちゃって」ぐらいで、仕事するのをオススメしています。

スポンサーリンク