元居酒屋店員が教えるチップをもらうコツ

スポンサーリンク
店長
チップがもらえるようになったら一人前だ!

けいいち@なんちゃってLifeコーチです。

日本では、チップを渡す習慣があまりないですよね。

居酒屋でバイトしてた時、店長に言われたのが、
「チップがもらえるようになったら一人前」

コツさえつかめば、高確率でチップがもらえるようになります。

特に年配のお客さんの集まりのほうがチップくれるよ。

宴会のお客さんを狙え

チップをもらうならフリーよりも
宴会のお客さんのほうがもらいやすい。

コース料理、飲み放題なので、店員としても
対応が楽なんです。

お釣りはとっといてよ!
みたいに「お釣り=チップ」のケースが多い。
宴会で満足してくれると、リピーター
なってくれることもある。

店員
何名様ですか?
お客さん
けいいちさんいる?
店員
今日はお休みなんです。
お客さん
いないならまたくるからいいや。

こんなこともあったりします。

機会損失ってことで、店長に怒られましたが・・・。

ホストクラブとかじゃないですよ。
普通のチェーン居酒屋です(笑)

「見てますよ」をアピール

ちょっと高級なお店だと、
担当の店員さんがついてくれたりします。

グラスが空くと「飲み物いかがいたしますか?」なんて。

それを、居酒屋でやってあげるんです。

  • グラスが空いてたら、おかわりどうするか聞こう
  • 空いてるグラス、お皿は下げてテーブルを
    広く使えるようにしよう。
  • マメに様子を見にいって、何か不便がないか聞こう
  • ちょっとだけ会話につきあってあげる。

特別感があると、いい気分になりますよね。

おしぼりは「2回」変えろ

何かこぼして拭いたりするので、
おしぼりって結構汚れるんです。

2時間のコースなら、
1時間が経過したぐらいで、1回目の交換。

デザートを出すタイミングで、2回目の交換。

キレイなおしぼりって気持ちいいですよね。

言われなくてもお茶を出せ

デザートを出すタイミングで、
お茶を出すようにしましょう。

特に年配の方の集まりだと喜ばれます。

お茶を出すのは「そろそろ終わりの時間が迫ってますよ」
と合図にもなります。

察してくれるお客さんなら、適度に切り上げてくれるますよ。

テーブルはきれいに

空いたグラスやお皿はマメに下げるようにしましょう。

テーブルが広いほうが、お客さんには気持ちよく飲んでもらえます。

テーブルになにもないのに長時間居座るのは気まずいので、
早々に引き上げてもらえます。

最後には、
「お茶」と「おしぼり」だけがテーブルにあるのが理想です。

こうすることで、お客さんが帰ったあとの片づけも
メッチャ楽なんです。

自分も楽して、チップももらえたら一石二鳥ですよね。

明るく元気に!

不愛想だとチップはもらえませんよ。

明るく、元気に接客するのは、
サービス業なので基本中の基本です。

ただし、お客様は神さまではないので、
チップ欲しさに無茶な要求に応えるのはやめましょう。

スポンサーリンク