あたり前を疑って選択する

スポンサーリンク

けいいち@なんちゃってLifeコーチです。

あなたは、選択するときに
「これがあたり前だから」
って選んでませんか?

あなたの「あたり前」はいつから?

あなたのあたり前は、いつからでしょうか?

小学生の時?中学生の時?高校生の時?
それとも、社会人になってから?

学校では、校則などのルールに従うことを
強制され、ルールに従わないと社会負適合者
のレッテルを貼られますよね。

あなたは、社会不適合者にならないために
みんなが従っているあたり前から外れないように
選択してきた
と思います。

「あたり前」は選択ではない

あなたが、
社会負適合者にならないためにしている
当たり前の選択は、自分で選択している
とは言えません。

なぜ、あなたは大学受験するのですか?

なぜ、あなたは会社員になったのですか?

親に「大学に行きなさい」と言われたから?
会社員になるのがあたり前だから?

周りが言うことは「あたり前」が前提

あなたが同僚、友人に会社を辞めたい
ことを相談したらなんて言われますか?

同僚
こんないい会社もったいないから辞めないほうがいい!
友人
会社辞めてどうするの?
会社員だったら心配ないから辞めなくていいじゃん!

って言われますよね?
(私もそう言われました)

その当たり前の意見に流されて選択するのは、
自分が選択しているのではないんですよね。

だから、何カ月、何年かして、後悔する。

「あたり前」に縛られない人に相談する

あなたが、あたり前ではないことを
選択するなら、同僚や友人に相談する
のはおすすめできません。

その選択を冷静に聞いてくれて、
間違っていれば気づかせてくれる人物。

どうするのが最善策なのか、
相談に乗ってくれる人物。

そんな人に相談するのが、あなたにとって
この先、人生の選択をするために必要な人です。

正しい人生の選択ってなに?

2019-07-13
スポンサーリンク